狭山湖に近い住宅地のご新居の植栽工事です。

表題の写真は、飼われているウサギ!とワイルドベリーです。

施主様は、「庭のことはよくわからない」とおっしゃりつつも、いい感じと思う草花の写真を撮りためていたり、実は何となくハーブや多肉っぽい植物がお好きな様子で、植栽の面積も広めで、芝生を中心に庭づくりを楽しみたいご様子でした。それならば、お客様の多様なご要望にできるだけお応えするのが私たちの務めです。ハーブは色々難しい面もあるけれど、幸い、以前は畑だった場所ということもあり、環境はとても良かったので少しでもご希望に沿うような感じにできればと、

「芝生を中心としたハーブガーデン風で、季節の花が楽しめたり、食べられたり、なおかつローメンテナンスの庭」

をイメージして工事を行いました。

南庭にはオプションで「ヤマボウシ」の木が植わっていましたが、広々とした芝とハーブガーデン風にするため、東側へ移植し、シンボルツリーにシルバーリーフが美しいオリーブを、他に初心者でも育てやすく、実も収穫できるフェイジョア、ブルーベリー、等を植樹しました。

道路からの目隠しには成長の遅いコニファーを列植。脇に花壇を作り、ハーブ系の育てやすい草花、ちょっとした野菜を植えました。

東側も移植したヤマボウシを中心に、ハーブやシャクナゲ、アジサイ、ギボウシ、キキョウ等の野草で季節の変化を楽しめる配植にしました。

「まさかこんなに素敵になると思わなかった!」と施主様もとても喜んでくださいました。

とはいえ、これからの芝生やハーブ類のお手入れは一仕事。

年1,2回はメンテナンスへに入らせていただき、年数を追うごとに素敵なお庭になるよう尽力させて頂きたいと思います(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。